ご存知ですか?美白を気にされるならハイドロキノンが配合されている化粧品をお選びください。/ハイドロキノンは、皮膚科では美白剤として処方されています。/このサイトでは、シミやくすみなどのお悩みを解消するべく、ハイドロキノン美白化粧品の情報をご紹介していきます。/きれいな肌は取り戻せます。

ハイドロキノン化粧品ランキング

ハイドロキノン化粧品コラム »

ハイドロキノン配合化粧品の正しい選び方

ハイドロキノン化粧品の正しい選び方

ハイドロキノン配合の正しい化粧品を選ぶには

シミの特効薬として知られているハイドロキノンですが、正しい選び方をしないと思った効果を得られなかったり、更には悪化してしまう事もあります。
今回はハイドロキノン配合化粧品の正しい選び方について書いていこうと思います。

[続きはこちら]

ハイドロキノンの注意点

2016年11月2日 – 8:38 PM
ハイドロキノンの注意点

シミ治療の際に医師に処方されることもあり、現在シミに最も効果が期待できる美白成分として知られているハイドロキノン。
一方で、知らずに使うと肌トラブルを起こす危険性があります。
そこで、今回はハイドロキノンの力を借りて美白する際に注意するべきことをまとめました。
保管方法・場所・期間について
ハイドロキノンは熱や光に弱く、不安定で変異しやすい性質を持っています。そのため、保管方法や保管場所、保管期間には十分気を配りましょう。
一般的に開封したハイドロキノン製品は空気に触れさせないよう密封し直射日光を避けて涼しいところで保管するのが良いとされています。
使用する製品の保管方法の注意書きをよく読みしっかり守りましょう。
冷蔵庫などでの保管は、出し入れの際、温度が変化してしまうため、避けましょう。

b.glenのQuSomeホワイトクリーム

2016年11月2日 – 8:34 PM
b.glenのQuSomeホワイトクリーム

シミに効果のある化粧品は、様々ありまよね。
たくさんあって迷う方もいらっしゃるかと思います。
そこで今日は、b.glen(ビーグレン)のハイドロキノン配合化粧品、「QuSomeホワイトクリーム1.9」について、試してみました!

ハイドロキノンで白斑になることはあるの?

2016年11月2日 – 8:28 PM
ハイドロキノンで白斑

ハイドロキノンについて
美白の特効薬として知られている「ハイドロキノン」ですが、それと同時に「白斑」という言葉もよく聞きます。
「白斑」とは肌の色が部分的に白く抜けてしまう事も言います。
皮膚病の一種で、メラニンを作る機能が低下したり、美白化粧品の用法を誤るとなるとされています。
ハイドロキノンの副作用としても「白斑」はよく言われています。
今回は、本当に使い続けると「白斑」になってしまうのか、という事を書いていこうと思います。

気になってしまう濃いシミ・・・原因と対策

2016年11月2日 – 8:24 PM
気になってしまう濃いシミ

濃いシミの原因とその対策
日頃、どんなにスキンケアに気を使っていてもシミが出来てしまう事はあります。
そのシミが、どんどん濃くなっていってしまう・・・なんて事もありますよね。
どうして濃いシミは出来てしまうのでしょうか?
今回は濃いシミが出来てしまう原因とその対策について書いていこうと思います。

ニキビの色素沈着を消す方法とは

2016年11月2日 – 8:18 PM
ニキビの色素沈着を消す方法

色素沈着とは?
「炎症性色素沈着」ってご存知ですか?
名前だけ聞いてもぱっとしませんが、要はニキビ跡の色素沈着の事です。
痛みやかゆみなどの自覚症状が無いので、目立ってくるまで放置してしまいがちです。
なるべく早いうちから対処する事で、ニキビ跡を薄くしたり、消してしまう事も出来るのです。

見えないけど気になる!お尻のシミ

2016年11月2日 – 7:50 PM
見えないけど気になる!お尻のシミ

お尻のシミの原因
あまりじっくりと自分のお尻を見る機会はありませんが、ふと鏡で見た時、もしもシミがあったら…。日焼けすることもないのにこんな所になぜ!?と思いますよね。
お尻にシミができる原因は紫外線の影響というよりも、以下に挙げられるような様々な刺激によるものと考えられます。

シミ・ニキビ跡が消える!トレチノイン治療

2016年11月2日 – 7:44 PM
シミ・ニキビ跡が消える!トレチノイン治療

トレチノインについて
加齢と共に増えてしまったシミは、もう消えないと思って諦めていませんか?
諦めるのはまだ早いです!
今回はハイドロキノンと並ぶ効果を持つ、「トレチノイン」について書いていきます。
シミは消せるものという事を忘れず、取り組んで頂きたいです。

ビタミンAとシミの関係性

2016年11月2日 – 7:37 PM
ビタミンAとシミの関係性

『シミに効くビタミン』というと、ほとんどの方がまずビタミンCが頭に浮かぶと思います。
しかし、ほうれん草やモロヘイヤ、にんじんなどに含まれることが知られているビタミンAにも美白効果があることをご存知ですか?
ビタミンAとは?
主に動物由来の食品(肝臓や卵)、色の濃い緑黄色野菜・果物に含まれる栄養素です。
油脂と一緒に摂取すると吸収率がよくなるので、ほうれん草のバターソテーや野菜炒めなどのように、油脂を使った調理方法がオススメです。

ハイドロキノンで炎症した場合の対処法

2016年11月2日 – 7:32 PM
ハイドロキノンで炎症した場合の対処法

美白に高い効果が期待できる成分ハイドロキノンを使用した際に、1番よく耳にするトラブルが肌に出る赤みです。
この赤みは肌に炎症が起こることで現れますが、もしもハイドロキノンで実際に赤みが出た場合にどのように対処すべきなのでしょう?
ハイドロキノンを使用して肌に赤みが出た!
原因 
ハイドロキノンにはピーリング作用のある乳酸が含まれています。
乳酸は古い角層細胞を剥がし、肌のターンオーバーを積極的に助けてくれるのですが、一方で肌に刺激を与えたり赤みの元の炎症を起こしてしまうことがあります。

妊娠・出産後、シミが増える!?メカニズムと対策

2016年11月2日 – 7:27 PM
妊娠・出産後、シミが増える!?メカニズムと対策

女性にとって妊娠・出産は人生の中でも大きな出来事ですね。喜びが大きい反面、妊娠中は、つわりなど様々なマイナートラブルに見舞われたり、産後も子育てに追われ自らのケアがままならないことも…。しばらくは体も心もとてもデリケートな状態が続きます。
今回は、そんな時にこそ覚えていたい、妊娠・出産に伴うシミに関してのお話です。