Home » シミの原因, シミの種類

妊娠・出産後、シミが増える!?メカニズムと対策

妊娠・出産後、シミが増える!?メカニズムと対策

女性にとって妊娠・出産は人生の中でも大きな出来事ですね。喜びが大きい反面、妊娠中は、つわりなど様々なマイナートラブルに見舞われたり、産後も子育てに追われ自らのケアがままならないことも…。しばらくは体も心もとてもデリケートな状態が続きます。

今回は、そんな時にこそ覚えていたい、妊娠・出産に伴うシミに関してのお話です。

そもそもシミのできるメカニズムとは?

皮膚表面に紫外線などの刺激を受けると、体の内側を守ろうとしてメラノサイトでメラニンが大量に生産されます。

メラニンは周囲の角層細胞に含まれ、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)に伴い角層細胞と共に肌の表面に上がっていきます。

通常、紫外線を浴びなくなるとメラニンの生成は止まり、メラニンを含んだ角層細胞もターンオーバーによって垢となり剥がれ落ちるので、最終的には元の肌色に戻ります。

しかし、紫外線や加齢などの要因でメラノサイトが活性化したままになり、更にターンオーバーが乱れることで、過剰に生産されたメラニンを含む角層が重なりシミとなるのです。

妊娠中にできるシミ、原因とメカニズム

妊娠性肝斑について

妊娠中に急にできたり増えたりするシミを妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)といいます。主に、おでこや頬から鼻にかけて出来やすく、産後2ヶ月前後で薄くなり消えていく場合もあります。

妊娠性肝斑ができるメカニズム

妊娠性肝斑の原因は、妊娠中に分泌量が変化する2つのホルモンの影響によるものとされています。

妊娠をすると、新陳代謝を促すホルモン(エストロゲン)が減少します。すると、肌のターンオーバーが乱れバリア機能が低下し、肌荒れが起きやすくなるため、肌が敏感な状態になります。

一方、子宮内に胎盤を形成したり、妊娠を持続させるために重要なホルモン(プロゲステロン)の分泌は増加するのですが、困ったことにこのホルモンはメラノサイトを活性化させ大量のメラニンを作り出してしまうのです。

肌が敏感で紫外線の影響を受けやすく、メラノサイトが活性化しているために、妊娠中は普段よりもシミができやすくなってしまうのです。

妊娠性肝斑が薄くなるタイミング

そして、女性ホルモンのバランスがだんだんと整い始めるタイミングがちょうど産後2ヶ月程にあたるため、この頃からシミが薄くなる可能性があるといえます。

ですから、妊娠中に増えたシミに関してはあまり神経質になり過ぎないようにしましょう。

ただ、妊娠・出産を繰り返すことで新たなシミができ、消えずに定着してしまうこともありますので、出産後時間が経ってもなかなか薄くならないシミに関しては、皮膚科で相談をしてみるのもいいでしょう。

産後にできるシミ、原因とメカニズム

産後にできるシミは、妊娠中と同様、ホルモンバランスの変化によって引き起こされる場合もあります。

その他にも、子育てに忙しく、なかなか時間が取れないためスキンケアや紫外線を防ぐことがしっかりとできていないことや、産後の心身の状態などが影響している場合も考えられます。

更に、妊娠・出産をきっかけにして、それまで蓄積してきたメラニンが一気に肌表面に現れ、ターンオーバーで排出しきれずシミが定着してしまうこともあります。

妊娠中・産後シミのケアは?

普段よりも念入りに紫外線対策を

ホルモンの影響もあり、普段以上に肌が紫外線の影響を受けやすくなっている妊娠中・産後はいつもより念入りな紫外線対策がカギになります。

本来、毎日しっかり日焼け止めを塗るのがベストですが、産後赤ちゃんのお世話をしながらそんなことをしている暇がない!なんて時ももちろんあります。

「紫外線を防がなければならない」ことが負担にだけはならないよう、そういった時でも、日傘やサングラス、UVカット効果のある、はおりものなどを利用して紫外線から極力肌を守りましょう。

注意する時間

1日の中でも9時~15時までは紫外線が強いとされているので、この時間帯の外出時には特に注意が必要です。

そして、紫外線は季節や天候に関係なく降り注ぎ、窓ガラスも透過しますので、室内でも窓の近くにいる時は気をつけましょう。
妊娠中のケア

妊娠中・産後は普段より肌が敏感になりますし、胎児や授乳期の母乳を飲む赤ちゃんへの影響を考慮するため、皮膚科や美容クリニックでのシミの治療やケアも制限されることが多くあります。

そのため、妊娠中から産後の授乳期は、低刺激な日焼け止めを使って紫外線を防いだり、ビタミンCを多く含む果物など食品を摂取したり、低刺激な美白化粧品を使うなど、無理のない範囲で、シミをこれ以上増やしたり濃くしないよう気をつけることが最大限のケアになります。

市販の薬用美白化粧品・医薬部外品は、主にメラニン生成の抑制を目的としたものですので、シミを予防することに効果があるとされています。

その反面、すでにできてしまっているシミを薄く淡くしたり、目立たなくする効果はあまり期待できません。

気になるシミや肝斑にはハイドロキノンがおすすめ

気になるシミには、直接的な効果を発揮する成分・ハイドロキノンが配合された化粧品がオススメです。

市販のハイドロキノン配合の化粧品に多くみられる、ハイドロキノン濃度約2~3%程のアイテムであれば、普段は適正な使用量と使用方法を守ることで副作用の心配はほとんどないと言われています。

ただし、妊娠中・産後授乳をしているお母さんがハイドロキノン配合の化粧品を使う際には、かかりつけの医師や薬剤師に相談をされるといいでしょう。

授乳期を過ぎて、肌も体も生活も落ち着いてきてから積極的なケアに臨むことがオススメです。

まとめ

妊娠中・産後のシミはなるべくなら回避したいものですね。

ただ、この時期は心と体がすこやかであることが何よりも大切な期間です。

まず、自分の出来る限りのケアをして、それでもできてしまったシミは、大切な赤ちゃんとの生活を楽しみながら少しずつケアしていくような、おおらかな気持ちで過ごしていけるとステキですね。う