Home » シミの原因

ビタミンAとシミの関係性

ビタミンAとシミの関係性

『シミに効くビタミン』というと、ほとんどの方がまずビタミンCが頭に浮かぶと思います。

しかし、ほうれん草やモロヘイヤ、にんじんなどに含まれることが知られているビタミンAにも美白効果があることをご存知ですか?

ビタミンAとは?

主に動物由来の食品(肝臓や卵)、色の濃い緑黄色野菜・果物に含まれる栄養素です。

油脂と一緒に摂取すると吸収率がよくなるので、ほうれん草のバターソテーや野菜炒めなどのように、油脂を使った調理方法がオススメです。

どんな働きをするの?

ビタミンAの働き

ビタミンAの働きは、皮膚や粘膜、目の健康維持を助ける栄養素です。強い抗酸化作用を持ち、肌の老化防止にも働きます。
その他、肌の乾燥やシミに対策、美白にも効果が期待されています。

後ほど説明しますが、ビタミンAは何種類かのビタミンの総称で、その中でも、ニキビ治療薬の成分としてビタミンA誘導体(レチノイン酸)が知られています。

摂り過ぎには注意が必要

ただし、美容目的や体に良いからと、食事以外にもサプリメントなどで目安量を超えた大量摂取すると、脂溶性のビタミンAは体に蓄積される性質があるため、皮膚のかゆみ、乾燥や抜け毛などの過剰症の症状が出る恐れがあります。

極端な栄養素の偏りには注意しましょう。

妊娠中の方は胎児への影響もありますので摂りすぎに注意です。

美白成分としての効果は?

ビタミンAはA1とA2に分かれており、A1に分類される成分をレチノールと呼びます。そのレチノールの代謝物質(カルボン酸と組み合わせたもの)であるレチノイン酸には血流を良くする効果があり、ターンオーバーを促進し、古い角質をはがすピーリング作用があるため、メラニンの排出を積極的に助けてくれます。

ビタミンA(レチノイン酸)は一般的なシミ(老人性色素斑)、そばかす、肝斑やニキビ跡に効果が期待できます。

副作用はあるの?

レチノイン酸のピーリング作用で乾燥やかゆみ、ひどい場合には赤みやヒリヒリした刺激を感じる炎症が起こったり、皮むけが起こる場合もあります。

ここで注意なのが、レチノイン酸と、強力な美白成分ハイドロキノンを併用する際に、肌トラブルを起こす場合があることです。

この2種類の成分を併用することでより確実にしっかりと美白効果が得られるという話もあるのですが、もしも、ハイドロキノンと併用するのであれば、皮膚科の医師に相談することと、使用方法と使用量を必ず守ることが必要です。

例外!レチノイン酸でも、レチノイン酸トコフェリルなら安全

レチノイン酸は、上記のように刺激性のあるものですが、例外としてレチノイン酸トコフェリルがあります。

こちらの成分は、ビタミンAのレチノイン酸に抗酸化作用のあるビタミンEを加えたハイブリッド成分です。

刺激性が抑えられ、さらにレチノイン酸と同等の効果が得られる成分として、注目されています。

化粧品としての認可もおりており、安全な成分です。

刺激が少なく、レチノイン酸と同等の効果があるなんて、夢のような成分ですね。

まとめ

現在国内の化粧品にレチノイン酸を配合することは認可されておらず、医師の処方する薬であれば手にすることができます。

輸入品や通販でレチノイン酸が配合されている化粧品を購入することはできるようですが、肌トラブルを防ぐためにも、きちんと確認して、使用しましょう。