Home » シミの原因, シミ対策

若い頃に浴びた紫外線、シミに?経過した時間を今更どうすれば?

ホーム > シミのお悩み > 若い頃に浴びた紫外線、シミに?経過した時間を今更どうすれば? 若い頃に浴びた紫外線、シミに?経過した時間を今更どうすれば?

『健康のために積極的に日に当たりましょう!』

なんて、日焼けが推奨されていた時代は昔のことです。

紫外線の影響について広く知られている現在では、無防備に日焼けをすることは、美肌にとっては、よくありません。

以前は日光浴が健康に美容に良いとされていましたので、この記事を読んでおられる方の中には日焼けをたくさんしてきたという方も多いのではないでしょうか?

そして、そこで気になるのがシミ・そばかすです。

できてしまってから時間が経過したシミに悩んでいる方も、いつかシミが出てくるかも…と心当たりのある方も、ぜひご一読ください。

そもそもなぜシミができるの?

基底層のメラノサイトがシミを生成している

私たちの皮膚表面を表皮といい、その表皮には新しい肌細胞を作り出す基底層という部分があります。

基底層には、ある一定の割合でメラノサイトという細胞が存在していて、私たちが紫外線を浴びると、肌を守る防御反応として、メラニンを大量に生産します。

日焼け後に肌の色がくすんだように黒くなるのはこの働きのためです。

肌状態が良く新陳代謝も盛んであれば、メラニンは肌のターンオーバー(生まれ変わり)によって上へ上へと押し上げられ、やがて不要になった角層細胞(垢)と一緒に剥がれ落ちていくので肌に残る心配はありません。

しかし、何らかの原因でメラノサイトが必要以上にメラニンを生産し続けてしまうことと、ストレスや加齢により新陳代謝が落ち、ターンオーバーが遅れメラニンをうまく排出できずにシミが定着してしまうのです。しかも、新陳代謝が低下すると肌がくすんだり、ニキビや肌荒れ、シワやたるみなどさらなる問題まで出てきてしまいます。

今からでも遅くない!?シミ・そばかすの予防法は?

今から紫外線を防ぐことによって現状からの進行は防げる

ここでは、過去の日焼けのことは一旦置いておきましょう。

今現在まだシミができていない場合も、気になるシミができてしまっている場合も、今後シミ・そばかすを新たに作らないために、今日から実践可能なシミ・そばかすの予防法についてです。

もう多くの方がご存知だと思いますが、それは、ズバリ、とにかく紫外線を防ぐことです。

冬に向けてのこれからの季節、夏に比べて弱くはなれど、紫外線は1年中、1日も休むことなく地上に降り注いでいます。

しかも、紫外線はガラスを透過するので室内でも窓の近くにいる時には気をつけなければなりません。

過度に日焼けをしたり、日常的に日焼けを繰り返していると、メラノサイトの働きを活性化し続けてメラニンを生産し続けてしまうので要注意です。

そこで、今はもう当たり前になりつつあることですが、シミ・そばかすの予防法として朝のスキンケアの際に下地やファンデーションなどのメイク品にSPF・PA値のついたアイテムを採用したり、ノーメイクの日でも日焼け止めだけは塗る習慣にしましょう。

外出時には日傘やサングラス・UVカット効果のある衣類を取り入れるといいでしょう。2,3時間毎に日焼け止めの塗り直しも忘れないようにしたいですね。

シミができて時間が経過してるけどどうしたらいいの?

シミのケアにはやはり美白化粧品ですが、一般的に多く販売されている美白化粧品は「メラニンの生成を抑制する効果のあるもの」

つまり、「シミ・そばかすの元を防ぐ効果のあるもの」です。

できてしまったシミ・そばかすのケアに関してはなかなか効果は期待できないかもしれません。

できて時間が経過してしまったシミにも効く成分、ハイドロキノン

現時点では、実際に今あるシミ・そばかすにはハイドロキノンが配合されている美白化粧品が1番効果的だといわれています。

ハイドロキノンは、一般的な美白化粧品の、メラニンの生成を抑制する効果に加え、メラノサイト自体の働きを弱めるのでメラニンの生産自体を減少させることができます。

さらに、肌表面に見えるシミ部分のメラニンにも働きかけ色を薄くする効果まで期待できる点が、ハイドロキノンが肌の漂白剤と言われる由縁です。

ビタミンCとの相乗効果

さらに、ハイドロキノンだけでなく、ビタミンC誘導体など、他の美白成分が配合されているアイテムも一緒に使うことで相乗効果も期待できます。

ずっと前にできたシミ・そばかすで悩んでいる方、様々な美白化粧品を使ってきたけれど効果を実感できなかった方は試してみる価値があるかもしれません。

外での活動が多い幼い頃から紫外線対策ができているのが1番良いですが、今まで対策をしてこなかったしもう遅いわよね…なんて諦めることはありません!紫外線の危険性や肌の変化に気づいた時からしっかりと始めればきっと肌は答えてくれます。