ハイドロキノン美白化粧品ガイド » ハイドロキノン化粧品コラム

ハイドロキノン化粧品コラム

ハイドロキノン含有の化粧品の疑問、使い方、悩みについてのコラムです。

ハイドロキノン配合化粧品の正しい選び方

2016年11月2日 – 8:43 PM
ハイドロキノン化粧品の正しい選び方

ハイドロキノン配合の正しい化粧品を選ぶには
シミの特効薬として知られているハイドロキノンですが、正しい選び方をしないと思った効果を得られなかったり、更には悪化してしまう事もあります。
今回はハイドロキノン配合化粧品の正しい選び方について書いていこうと思います。

ハイドロキノンの注意点

2016年11月2日 – 8:38 PM
ハイドロキノンの注意点

シミ治療の際に医師に処方されることもあり、現在シミに最も効果が期待できる美白成分として知られているハイドロキノン。
一方で、知らずに使うと肌トラブルを起こす危険性があります。
そこで、今回はハイドロキノンの力を借りて美白する際に注意するべきことをまとめました。
保管方法・場所・期間について
ハイドロキノンは熱や光に弱く、不安定で変異しやすい性質を持っています。そのため、保管方法や保管場所、保管期間には十分気を配りましょう。
一般的に開封したハイドロキノン製品は空気に触れさせないよう密封し直射日光を避けて涼しいところで保管するのが良いとされています。
使用する製品の保管方法の注意書きをよく読みしっかり守りましょう。
冷蔵庫などでの保管は、出し入れの際、温度が変化してしまうため、避けましょう。

b.glenのQuSomeホワイトクリーム

2016年11月2日 – 8:34 PM
b.glenのQuSomeホワイトクリーム

シミに効果のある化粧品は、様々ありまよね。
たくさんあって迷う方もいらっしゃるかと思います。
そこで今日は、b.glen(ビーグレン)のハイドロキノン配合化粧品、「QuSomeホワイトクリーム1.9」について、試してみました!

ハイドロキノンで白斑になることはあるの?

2016年11月2日 – 8:28 PM
ハイドロキノンで白斑

ハイドロキノンについて
美白の特効薬として知られている「ハイドロキノン」ですが、それと同時に「白斑」という言葉もよく聞きます。
「白斑」とは肌の色が部分的に白く抜けてしまう事も言います。
皮膚病の一種で、メラニンを作る機能が低下したり、美白化粧品の用法を誤るとなるとされています。
ハイドロキノンの副作用としても「白斑」はよく言われています。
今回は、本当に使い続けると「白斑」になってしまうのか、という事を書いていこうと思います。

ハイドロキノンで炎症した場合の対処法

2016年11月2日 – 7:32 PM
ハイドロキノンで炎症した場合の対処法

美白に高い効果が期待できる成分ハイドロキノンを使用した際に、1番よく耳にするトラブルが肌に出る赤みです。
この赤みは肌に炎症が起こることで現れますが、もしもハイドロキノンで実際に赤みが出た場合にどのように対処すべきなのでしょう?
ハイドロキノンを使用して肌に赤みが出た!
原因 
ハイドロキノンにはピーリング作用のある乳酸が含まれています。
乳酸は古い角層細胞を剥がし、肌のターンオーバーを積極的に助けてくれるのですが、一方で肌に刺激を与えたり赤みの元の炎症を起こしてしまうことがあります。

シミを消す効果のある化粧品成分?!ハイドロキノンの美白効果とは

2016年11月2日 – 1:48 AM
シミを消す効果のある化粧品成分?!ハイドロキノンの美白効果とは?

「ハイドロキノン」について
「ハイドロキノン」という美白化粧品成分をご存知ですか?
近年、シミの特効薬として注目されている成分です。
「ハイドロキノン」はシミを消す力がとても強く、ずっと悩んできた方には是非試して頂きたい成分の一つです。
今回は、この「ハイドロキノン」の美白効果とシミについて書いていこうと思います。

ハイドロキノン配合の化粧品はどんな種類があるの?

2016年11月2日 – 1:33 AM
ハイドロキノン配合の化粧品はどんな種類があるの?

ハイドロキノン配合化粧品について
ハイドロキノン配合の化粧品にはどのような種類があるのでしょうか?
シミを薄くする事を目的とした化粧品にはハイドロキノンが含まれている事が多いです。
化粧品によって使い方が違ったり、効果に差があったりします。
この記事を自分に合った化粧品を見つけるのに役立てて頂ければ幸いです。

副作用があるの?ハイドロキノンの安全性

2016年11月1日 – 11:54 PM
副作用があるの?ハイドロキノンの安全性

ハイドロキノンとはもともと自然界に存在する天然の成分です。海外ではシミのケアといえばハイドロキノンというくらい古くからポピュラーに使われている実績のある美白成分です。
日本では以前は医師の処方が必要な成分でしたので薬局や医療機関でのみ取り扱われていましたが、現在は厚生労働省の許可が下りたため濃度2%までのハイドロキノンを化粧品に配合できるようになっています。
まだ日本で化粧品に使われるようになって日が浅い成分なだけにハイドロキノンの安全性に疑問を持つ方も多くいるでしょう。
今回はハイドロキノンの安全性についてのお話です。

アンプルールのハイドロキノン配合化粧品、ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110を1ヶ月間試してみました(1)印象について

2016年9月12日 – 10:44 AM
アンプルールのハイドロキノン配合化粧品、ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

ハイドロキノン配合の化粧品は化粧水から乳液、美容液、と様々あります。
今回は、ハイドロキノン配合美容液、AMPLEUR(アンプルール)の美容液を試してみたいと思います。

ハイドロキノン 副作用について

2016年9月9日 – 2:56 PM
ハイドロキノン 副作用について

現在販売されている美白化粧品の中で最もシミ・そばかすに効果を発揮すると言われている成分がハイドロキノンです。
シミ・そばかすのケアを考える方ならご存じの方も多いのではないでしょうか。
インターネット上で「ハイドロキノン」と検索すると様々なハイドロキノン配合の化粧品が出てくるのですが、同時に「副作用」の文字も多く見かけます。
しかし、正しく扱うことさえ出来れば、他の成分に変えられないくらいの高い美白効果を発揮してくれます。