Home » ハイドロキノン化粧品コラム

副作用があるの?ハイドロキノンの安全性

副作用があるの?ハイドロキノンの安全性

ハイドロキノンとはもともと自然界に存在する天然の成分です。海外ではシミのケアといえばハイドロキノンというくらい古くからポピュラーに使われている実績のある美白成分です。

日本では以前は医師の処方が必要な成分でしたので薬局や医療機関でのみ取り扱われていましたが、現在は厚生労働省の許可が下りたため濃度2%までのハイドロキノンを化粧品に配合できるようになっています。

まだ日本で化粧品に使われるようになって日が浅い成分なだけにハイドロキノンの安全性に疑問を持つ方も多くいるでしょう。

今回はハイドロキノンの安全性についてのお話です。

ハイドロキノンって何?

ハイドロキノンとは、ブルーベリーやコーヒーなどにも含まれている自然界に存在する成分です。

カメラに詳しい方や写真の好きな方はご存知かと思いますが、写真の還元剤にも漂白効果のあるハイドロキノンが使われており、実は私達の割と身近にある成分なのです。

ハイドロキノンには、メラニンを作り出すのに必要な酵素チロシナーゼの働きを阻害する働きと、メラノサイト自体の働きを弱めメラニンの生成を抑制する働きがあります。

つまり、シミの原因になるメラニンをダブルの働きで作らせなくする効果があるのです。

なぜ副作用が起こるの?

先程にも少しお話しした通り、日本国内では濃度2%までのハイドロキノンが配合された市販の化粧品が販売されていますが、それ以上高い濃度のハイドロキノンは医師の処方が必要となります。

なぜなら、ハイドロキノンにとても強力な美白効果のある反面、変異しやすい性質のため保管に気を付けなかったり、正しい用法用量を守らなかった場合、ハイドロキノンが肌に合わなかった場合や、医師の処方無しに高濃度のハイドロキノンを使用した場合には副作用が起こってしまうこともありえるからです。

具体的な副作用

1.赤くなった!痒くなった!

ハイドロキノンを使用し、副作用が起こった方によく聞かれるのが使用した部分に刺激を感じたり赤みや痒みが出ることです。

これは、そもそもハイドロキノンが肌に合わなかったり、成分が酸化して劣化したものを使用することで起こります。

必ずパッチテストをして問題なければ本格的に気になる部分に使用するようにしましょう。パッチテストの段階で赤くなる、痒くなるなどの異常があれば、残念ですが使用はやめておいた方が良いと考えられます。

そして、酸化したハイドロキノンは肌に強い刺激を与えるため、使用期限を過ぎたり、開封後時間が経ち色の変わったものは使わないことが大切です。保管方法などは製品に明記されているものを守りましょう。

2.日焼け止めを忘れると、シミが濃くなる!?

ハイドロキノンはメラノサイトの働きを弱める効果があります。

ですので、ハイドロキノンでケアをしている状態で日焼けをすると、肌を守るメラニンがない状態で紫外線を受けてしまうため普段よりも格段に肌ダメージを負ってしまいます。肌を痛めてしまうばかりか、更にシミを濃くしてしまうことにもなるので、必ず紫外線対策をしましょう。普段よりも念入りに日焼け止めなどで肌を保護する必要があります。

3.白斑

ハイドロキノン製品を使う上で1番怖い副作用が白斑です。

色が抜け落ちたように他の部分よりも皮膚が白くなってしまう状態のことです。

ただし、一般的に販売されている低濃度ハイドロキノン配合の化粧品ではこのようなトラブルになったという報告は未だされていません。

しかし、高濃度のハイドロキノンを使用する場合には、長期間の使用を避ける必要があります。

シミにも色々な種類があり、医師のもとで行われるシミ治療も原因やシミの状態などに合わせて行われるため、

ハイドロキノンで必ず全てのシミが薄くなるというわけではありません。

ハイドロキノンにはとても優れたシミの漂白作用が期待できますが、その反面、正しく使用しなければ重大な副作用につながることもあります。

化粧品を試す場合には、配合濃度の低い化粧品を選んでパッチテストから始めてみてはいかがでしょう。