Home » シミ対策

ニキビの色素沈着を消す方法とは

ニキビの色素沈着を消す方法

色素沈着とは?

「炎症性色素沈着」ってご存知ですか?
名前だけ聞いてもぱっとしませんが、要はニキビ跡の色素沈着の事です。
痛みやかゆみなどの自覚症状が無いので、目立ってくるまで放置してしまいがちです。

なるべく早いうちから対処する事で、ニキビ跡を薄くしたり、消してしまう事も出来るのです。

色素沈着の種類について

ニキビの色素沈着には大きく分けて2種類あります。
肌の毛細血管が切れ「紫色」になってしまったニキビ跡。(第一段階)
この「紫色」の色素沈着を放置してシミになると「茶色」のニキビ跡になります。(第二段階)
どちらも治らないという印象を持たれやすいのですが、実は病院に行かなくても自力で治す事が出来るのです。

一番に、まず肌のターンオーバーを整えることから始めてみましょう。

ターンオーバーの重要性

健康な肌はニキビが出来にくいです。
つまり、ニキビが出来やすい、治りにくい肌というのは、ターンオーバーが上手く行えず肌の健康状態が悪いという事になります。
肌を健康な状態に戻す事によって、ターンオーバーを正常化し、色素沈着を消していく事が出来るのです。

では、健康な肌を手に入れるにはどうすれば良いのでしょうか?

ビタミンを取り入れる

ニキビに良いとされているのは「ビタミンC誘導体」です。
炎症を和らげる効果がありますので、ぜひ積極的に摂って頂きたいです。
ニキビが出来やすい、炎症を起こしている肌は、乾燥しがちです。
保湿をしっかりすることで、ニキビ跡の炎症が酷くなるのを防ぎます。

日頃のケアに力を入れることで、ニキビを未然に防ぐ事にも繋がります。

ターンオーバーの乱れを治していくには

ターンオーバーの乱れを治す事で、肌を健康な状態に戻していきます。
加齢と共にターンオーバーの周期は変わっていきます。
20代の頃で28日周期が通常とされていますが、40代になると50日~60日前後になると言われています。
肌が新しくなるまでの周期が長くなるということは、それだけシミになるリスクが高くなってしまうという事になります。

年齢を重ねる事でターンオーバーの周期が長くなるのは仕方のない事です。
だからこそ、ターンオーバーを整えていかなければならないのです。
規則正しい生活、バランスの取れた食事、ストレスを溜め込まない事が重要です。

適度な運動をする事と、アルコールはほどほどに、タバコはオススメしません。

ニキビ跡のケア化粧品選びに注意!

ニキビ跡の化粧品を使うとき、まだニキビの炎症があるのに、

顔全体にニキビ跡ケアの化粧品を使っていたりしませんか?

実は、ニキビの色素沈着のみのケアと、ニキビの色素沈着もニキビの炎症もあるお肌では、ケア化粧品が違うんです。

1.ニキビの跡のみのケア化粧品選び

こちらは、ニキビの跡の色素沈着ですので、シミの一種に成ります。

ですので、上にも書きましたように、ビタミンC誘導体や、ハイドロキノン配合のものがおススメです。

2.ニキビ跡+炎症中のニキビのケア

こちらは、ニキビ跡もありますが、まず第一に炎症を鎮めてあげることが重要です。

ニキビの炎症を鎮める成分として、グリチルリチン酸ジカリウムや、ビタミンCがあります。

これらを配合している化粧品を選び、まず肌の炎症を治しましょう。

継続することの大切さ

ターンオーバーが正常化しても一瞬で色素沈着が消える訳ではありません。
それでも、少しずつ薄くなっていくのは実感できるはずです。
健康な肌状態の維持、健康的な生活を続けることで、自然と目立たなくなってきます。

ニキビ専用美容液を併用する事で、これから出来るニキビを予防する事も出来ます。(お肌に合うかのパッチテストをしてから購入して頂きたいので、トライアルセットをまず試してみてください)

今まで出来てしまったニキビは、ターンオーバーとビタミンの力で消していきましょう。
焦らず自分のペースで続けていきましょう。
確実に結果が見えてくるので、やる気も持続するはずです。