ハイドロキノン美白化粧品ガイド » ハイドロキノン基礎知識

ハイドロキノン基礎知識

ハイドロキノンとは?

kisochishiki_01

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」「究極の美白成分」「シミ治療の特効薬」などと言われ、その強力な漂白作用から美白剤として古くから皮膚医療の現場で処方されている成分です。

美白成分としては一般的にビタミンCなどが広く知られていますが、ハイドロキノンはその10倍~100倍もの美白効果があるとされています。

また、ハイドロキノンはシミを予防するだけの成分とは違い、メラニン色素をつくる細胞「メラノサイト」を減少させることができるため、すでにできてしまったシミへも効果が期待できるという点で、特に注目されています。

その圧倒的に優れた美白効果からハイドロキノンは化学物質と思われがちですが、コーヒーや紅茶、イチゴなどベリー系の植物にも含まれる身近な成分です。

以前は医療機関でしか入手できなかったハイドロキノンですが、2001年の薬事法改正により現在は手軽に入手できるようになりました。

ハイドロキノンの濃度

ハイドロキノンを使用するときに注意したいのは、その濃度です。日本ではハイドロキノンの配合は2%までが厚生労働省により許可されています。2%以上の濃度のハイドロキノンは医師の処方が必要となります。

ハイドロキノンが配合された商品を確認してみると、2%~4%程度の濃度のものが多いようです。

初めてハイドロキノンを使用する場合には、まず1~3%の低濃度から始めてみるのが良いでしょう。副作用のリスクが少なく、顔全体や体に使用できるものもあります。

即効性を期待するのであれば美容皮膚科などでもよく処方される4~5%がおすすめですが、刺激も強くなるため肌の弱い人は注意が必要です。

高濃度であれば早く効果が出やすくなりますが副作用の危険性も高まるため、6%以上の場合には医師の処方指導のもとに使用することをおすすめします。

ハイドロキノンの効果的な使い方

kisochishiki_02

ハイドロキノンを塗布前にビタミンC誘導体を使用する。

ブースターとして、もしくは化粧水と混ぜるなどしてビタミンC誘導体を使用し、その後にハイドロキノンを塗布します。そうすることで効果を高めることができます。

効果が感じられたところで一度休む。
使用し続けると耐性ができてしまうため、間に1ヶ月ほど休みを入れることで次回も効果を得ることができます。

ビタミンAの一種であるトレチノインと併用する。

美肌、美白に有効な成分として特に注目されているトレチノイン。併用することで皮膚の漂白効果がより高まるとされています。

ハイドロキノンの注意点

ハイドロキノンは酸素と結合しやすく非常に不安定な成分です。酸化してしまうと刺激が強くなるため、肌トラブルが起こりやすくなります。

また、ハイドロキノンは体質的に合わない場合があります。おおむね0.5%程度の人が刺激を感じると言われており、使用前に必ずパッチテストをされる事をお勧めします。

ハイドロキノンの塗布は、シミなどの効果を出したい部分にのみに限ります。

効果を得るまでに必要な過程として炎症が起きますが、この間の日焼けは十分に注意し、化粧品や日焼け止めは低刺激のものにして肌の摩擦などを避けるなど、細かな配慮が必要です。

また、効果が出るまでに早くとも数ヶ月はかかるため、肌に刺激が多い夏場を避けるなど、環境を整えてハイドロキノンを使用する事をおすすめします。

使用方法を守り、肌トラブルの原因を招くことのないよう注意して使用してください。